医療機器の横にはスペシャリスト。

概要・特長

  • 不整脈治療の一因として、治療のサポートを行っています。
  • 手術室での先進医療機器の管理を行っています。
  • 院内・院外で使用される医療機器の管理・保守点検を行っています。
  • 各診療科で行われる検査・治療において医療機器を介した医療技術提供を行っています。
  • 医師、看護師、コメディカルと連携をはかり、安全な医療機器の提供をしています。
  • 日々変貌する医療機器の院内教育を積極的に行い、機器の運用と医療安全に努めています。
  • 先進する医療知識・技術獲得のため関連学会に積極的に参加し、学術発表をしています。

業務内容

  • 医療機器管理業務
  • 慢性呼吸療法業務
  • 不整脈治療業務
  • 集中治療業務
  • 手術室業務
  • 高気圧酸素治療業務
  • 内視鏡業務
  • 業績紹介

医療機器管理業務

医療機器全般を部門システムにより管理、日常・定期点検及び修理を行うことで、医療機器の安全性の確保に努めています。

慢性呼吸療法業務

慢性呼吸不全の患者さんがご自宅で使用する機器(CPAP、NPPV、TPPV)の説明や、退院後のサポートを行うことで、在宅医療の安全性の向上に努めています。

不整脈治療業務

不整脈に対する心筋焼灼術( カテーテルアブレーション)中の機器操作や、植込み型デバイス(PM・ICDなど)の管理を行います。

集中治療業務

人工呼吸器や補助循環装置(PCPS・ECMO・IABP)などの多くの生命維持管理装置の保守管理や操作を行っています。

手術室業務

人工心肺の操作や、各科手術の清潔補助業務を行っています。手術支援ロボットをはじめとする機器の点検・管理も行っています。

高気圧酸素治療業務

高気圧酸素治療とは、タンクに患者さんを入れ、100%の酸素を吸いながらタンク内に圧力をかけて、血液中の酸素を増やして治療を行うことです。本装置の操作・管理を行っています。

内視鏡業務

消化器内科や呼吸器内科で使用される内視鏡関連機器の点検・管理を行っています。消化器内科で実施される検査や治療の補助業務も行っています。

業績紹介

スタッフ構成

認定資格

認定技師・取得ライセンス名称取得人数
3学会合同呼吸療法認定士8名
体外循環技術認定士4名
不整脈治療専門臨床工学技士3名
IBHRE検定試験1名
透析技術認定士4名
第1種ME技士2名
初級呼吸ケア指導士2名
高気圧酸素治療専門技師1名
認定臨床実習指導者1名
特定高圧ガス取扱主任4名
CE受入側保安責任者1名
普通第1種圧力容器取扱主任4名
AHA BLSインストラクター1名
日本DMAT隊員1名