歯科医師臨床研修プログラム

歯科口腔外科 指導医紹介

歯科口腔外科

1.公立陶生病院の特徴について

神谷先生

当院は地域の基幹病院として「歯科一般診療」「口腔外科」の診療に当たっており、虫歯の治療から悪性腫瘍まで幅広く患者さんを受け入れています。歯科医師としての基本は歯科治療であり、ゆくゆくはキャリアアップで口腔外科の領域に進もうとしている研修医もこのベースの部分をしっかり学ぶ必要があると思います。当院は歯科医師の基礎から隣接医学まで広くカバーしているため、歯科臨床研修において包括的に学ぶことのできる研修環境に恵まれた病院だと思います。

木下先生

またスタッフ仲が良いことも当院の特徴です。特に当院では医科・歯科を問わず診療科を越えたコンサルトが盛んであるため、必要があれば他科のドクターに気軽に相談できる環境があります。歯科口腔外科の病棟は外科・泌尿器科・循環器内科との混合病棟のため、自然と言葉を交わし医科の情報を教えてもらえるチャンスが多く存在します。

歯科口腔外科

2.公立陶生病院の歯科医師臨床研修プログラムの特徴

神谷先生

口腔外科は歯科と隣接医科との境界領域の医療です。歯科医師でありながら医科により近づいた治療を出来る歯科医師育成のために当院では「二年間」の研修期間を設けています。歯科臨床研修プログラムで定められているのは一年目のみですが、歯科医師としての基礎を学ぶためたくさんの症例を診て経験を積みながら手技や知識のレベルを高めて頂けるように指導しています。二年目は各診療科において専門研修を受けることになっており、外科・麻酔科・整形外科・救急などから選択が可能です。当院では自由度の高い指導を掲げており、プログラムに沿って成長することも大事ですが、それ以上にやる気のある研修医が新しいことにチャレンジ出来るような環境を用意するよう心がけています。

木下先生

研修医がある程度の力をつけてきたら「まずは自分でやってみて分からない事は聞きにおいで」というスタンスで指導に当たっています。自分の持っている知識だけで通用する治療ができるのか、出来ないなら何が課題なのか、考えながら治療に取り組める歯科医師を目指して頂きたいです。

3.研修を終えるまでに達成してもらいたいレベル・人物像

木下先生

研修の中では挨拶などの基本動作にはじまり、人付き合いが出来るパーソナリティーの高い医師になることをゴールとしています。医師の立ち振る舞いによって患者さんから得られる信頼度も変化しますし、社会人としても一流になることが人間性豊かな医師になるための条件の一つだと考えるからです。

神谷先生

当院では医科歯科共通の臨床研修医の評価基準がありますが、医者としてどういう倫理があるのか、使命感を持っているか、人間性があるかという内容の評価になっています。臨床技術を決められたレベルまで引き上げることよりも、「医師の人間性について」を重要視しているのです。技術は一生かけて徐々に上げていくものであり、すぐに出来る方もいれば何度もこつこつ繰り返すことで上達する方もいます。研修医が身につける基本的部分の指導は勿論行いますが、それ以上は症例数を多く診られるという恵まれた環境で研修医が一生懸命努力すべきだと考えています。熱意を持って取り組む研修医に対して私達は支援を惜しみません。

4.歯学生へのメッセージ

神谷先生

やる気があり明るく社交性のある方、そして隣接医学を学びたいという方は当院に来ていただいてぜひ口腔医学を選んでください。当院のカリキュラムは自由性が高く、研修医が学びたい内容に合せて編成することができるようになっています。また医科とのコンサルトがかなりの頻度で行われているため、積極的に教えてもらいたいという姿勢があれば医科の先生も様々な情報を提供してくださいます。歯科の領域を越えた知識が広がりますし、当院を研修先に選ぶ研修医は隣接医学を学びたい方が多く来ています。

木下先生

愛知県以外からも当院に興味を持って見学に来ている歯学生もいます。歯科医師になるからにはぜひ高度な歯科医療を身につけたいという方、新しい領域にチャレンジしていきたいと考える方はどなたでも歓迎です。当院が患者さんに提供している歯科口腔外科のレベルを知るためにも、ぜひ私達に会いに来てください。お待ちしています!

歯科口腔外科 スタッフ紹介

歯科口腔外科

(対談日 平成25年3月)

1.公立陶生病院の特徴について

森先生

いくつかの病院を検討しましたが、その中でも公立陶生病院は研修医が携わらせていただける症例数が格段に多い病院です。大学病院は研修医だけでも大所帯の場合が多く、一人の研修医が一日に診られる患者さんの人数は数名程度と聞いています。一方で当院は研修医であっても20名前後の患者さんを診ることができるため、私は当院で腕を磨きたいと思いました。当院は「有病者の一般歯科」「口腔外科」の治療をしているので幅広い患者さんが集まり、多くの症例を診ることができます。将来、口腔外科の専門性を高めていくためにも基本的な歯科治療が出来るようになりたいと考え、先輩の歯科医師から手厚く指導して頂きながら仕事に励んでいます。

歯科口腔外科

1.公立陶生病院の特徴について

森先生

私の歯科臨床研修は一年目が終わり二年目を迎えます。歯科治療であれば研修医である私が主体的に治療を担当しているケースも多くあります。それは十分な症例数を診ているため手技や知識の習得スピードが速いこと、そして自由に診させてくれる風土があるからだと思います。

大澤さん

森先生が一人で出来るようになった領域に関しては、上の先生たちは委ねているようにみえますね。私達はベテランの先生に診療補助としてつきますが、森先生にも安心してつくことができています。

森先生

また他の診療科とのコンサルト件数が多いことも当院の特徴です。研修医は歯科も医科も同じ部屋を使用するため仲が良いですし、コンサルトしやすい雰囲気があります。救急外来から口腔外科領域における怪我の相談があったり、逆に歯科口腔外科でオペする際に心臓の異変を感じた場合は循環器内科の先生へすぐに電話したりできることがとても助かっていますね。病院選びをする歯学生の時にはあまり重要と考えていませんでしたが、他の診療科と連携できる環境はとても魅力的です。

歯科口腔外科

1.公立陶生病院の特徴について

森先生

自分がどういう研修生活を送りたいかで選ぶ病院が変わると思います。数をこなして腕を磨きたいのならば市中病院、高度な治療やこつこつ勉強していきたいのなら大学病院をお勧めします。私は大小様々な症例を診たかったため当院を選択しました。口腔外科に興味があるなら、市中病院へ入った方が症例も豊富でオペも主体的に関わる機会が多いと思います。

大澤さん

ぜひ患者さんをはじめスタッフを大事にしてくださる先生に来ていただきたいです。歯科衛生士である私から見ても、歯科医師の先生方は積極的に患者さんと関わったり、研修医の指導にも熱心だったりする方が多いように思います。当院の歯科口腔外科は多職種間の仲も良く働きやすい職場です。

森先生

診療科を越えてコンサルトしやすい環境であり、仕事のしやすい病院だと思います。ぜひ腕を上げたい歯学生の皆さん!ぜひ公立陶生病院に来てください!

歯科口腔外科
平成29年度卒後臨床研修プログラム

平成27年度 公立陶生病院 歯科医師臨床研修医募集要項

※平成29年度歯科医師臨床研修医の募集は終了いたしました。

応募資格 平成29年3月に歯科医師免許取得見込の方
地方公務員法第16条の欠格項に該当しないこと
募集人員 1名予定
研修期間 平成29年4月1日から平成31年3月31日まで
応募手続 提出書類 1.自筆履歴書(当院指定用紙、押印、写真貼付)
2.卒業見込証明書
提出先 公立陶生病院 研修管理室 (外来棟2階事務所内)
〒489-8642
愛知県瀬戸市西追分町160番地
TEL 0561-82-5101(代表)(内線6407)
選考要項 個別面接、書類審査、適性検査(筆記試験)
※ マッチング成立者は後日健康診断を実施します。
選 考 日 平成28年 8月21日(日) 終了
申込受付 平成28年6月27日(月)から平成28年8月3日(水)
<直接持参又は郵送>
※ 申込最終日は午後5時で受付を終了します。
※ 郵送申込は8月3日(水)必着とします。
選考結果
通知
マッチング方式による通知
その他

歯科卒後臨床研修プログラムについてはこちらに掲載しております。
※ 履歴書・募集要項はこちらから
履歴書 PDF 123KB
募集要項 PDF 78KB
※応募される方は、できる限り申込締切日までに当院で見学を行ってください。
※面接の順番は申込順により決定し、案内を後日郵送します。

研修管理室 (担当:小林)
〒489-8642 愛知県瀬戸市西追分町160番地
TEL:0561(82)5101(代表)(内線6407)
FAX:0561(82)9139
Email:kenshu@tosei.or.jp

医科歯科共通 研修プログラム
病院概要

研修管理室の小林と申します。
病院見学やマッチングの申込の窓口、皆さんが研修医として当院に入られた後のサポートをしております。
当院についてご不明な点などありましたら、些細なことでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。


研修管理室 (担当:小林)
TEL:0561(82)5101(代表)(内線6407)
FAX:0561(82)9139
Email:kenshu@tosei.or.jp