ご挨拶

公立陶生病院 基本理念/地域の皆さんに親しまれ、信頼され、期待される病院をめざします。

気軽に行ける、いつでもウェルカムで温かく迎えてくれる病院であり続けるということです。
質の高い医療を提供できるということ。それは医療レベルが高いということも含めて、より安心安全の医療を提供するということです。
信頼されるということであり、親しまれることでもあり、両方の意味が含まれています。さらに先進の医療でも高度な水準の医療でも地域のために取り込んでくれるだろうということなのです。

公立陶生病院は地域の住民からの熱い要望によって造られ「地域住民のための病院である」というのが根幹にあります。これは当院の長い歴史の中で培われて続けています。

院長 酒井 和好

地域の期待に全力で応えていく

院長
酒井 和好
院長 酒井 和好

<良い医療に良い人材は不可欠である>

この度は当院にご興味を持っていただきありがとうございます。
当院は市民からの期待に応えられる病院をめざし、24時間365日どんな診療にも応じられるように救急を柱の一つとして展開して参りました。さらに地域がん診療連携拠点病院、災害拠点病院、地域医療支援病院などの拠点病院として、地域の中核病院としての機能も拡大しております。こうした活動を今後も維持・発展させていくため、当院は優秀な職員を確保し、その一人ひとりが元気に働ける職場であり続ける必要があります。


医療の内容は非常に複雑になり専門領域も増えてまいりました。そのため治療の一定の方針はまず医師が決めますが、実際に治療の現場で働くのは看護師、身体の機能を回復させる段階では理学療法士など多職種が協働しています。様々な職種の力を借りることができて「チーム医療」は成り立ちます。だからこそ「チーム医療ができているかどうかが病院の力になる」のです。


チーム医療が機能している、そして職員達がイキイキと働けているかということが地域の皆さんから見ても、就職を考える方たちから見てもその病院の評価になるのではないかと思います。
公立陶生病院は職員一人ひとりを大事にし、よりイキイキと働ける職場環境の整備に私をはじめ、各セクションの責任者が全力で取り組んでおります。ぜひ当院への入職をご検討いただければ幸いです。


<研修医のために当院が出来ること>

研修医が一番求めるものは「適切でレベルの高い臨床指導が受けられること」だと思います。研修病院はキャリア形成の通過点であり、診療の実務にどれだけ携われ経験を積めるのかを重視して選択する研修医は多いです。私が医師としてのキャリアを築くため自己研鑚してきた経験からみても、学問が出来る環境は絶対に譲れないと思います。その点当院は「断らない救急」を掲げ、多くの症例に触れられる医療機関です。


それと同時に学会発表の支援や研修会の開催など十分に勉強できる環境を整えてまいりました。その一つとして当院は図書室の充実に力を入れていますが、そこでは蔵書の閲覧だけではなく、学会発表やポスターセッションのポスターの制作支援もしており、資料準備のハードルを少しでも下げられるような体制を整えております。論文検索も十分な対応ができており図書室の充実度は胸を張って「合格点だ!」と言うことが出来ます。さらに医師たちの知識欲を満たせるような環境づくりを目指しています。


当院は学会発表などの学術領域と手技の習得といった臨床の領域のいずれかに特化するのではなく、バランス良くどちらも提供し「研修医の才能を開花させる研修病院」として今後とも医師育成にチカラを注いで参りたいと思います。

自己の成長に妥協することなく、一人一人の医師が自身の能力を存分に発揮できる環境に巡り合われることを祈願しております。

研修管理委員長 近藤 康博

早期に基本的臨床能力を習得でき、アカデミック
 マインドを持った医師になれる
初期研修

研修管理委員長
中島 義仁
研修管理委員長 近藤 康博

<屋根瓦方式と陶生魂>

当院は救命救急センタ-として愛知県下でも救急車の受け入れ台数がかなり多い方の病院で、年間6800台にのぼります。多くの症例を初期研修の時期に診ることが出来るのは向上心あふれる研修医にとって魅力の一つだと考えます。熱心な上級医・指導医が、診療の面だけでなく生活の面でも気軽に相談にのってくれます。自分の目標となりうる先輩に出会うことができます。ひとつ上がひとつ下を指導する、いわゆる「屋根瓦方式」を実践しています。早期に基本的臨床能力だけでなくチームで対応する力が身に付きます。全科にわたる十分な症例を、救急診療・感染対策・医療安全・緩和ケアなどチーム医療の切り口で経験していただきます。ほとんどの研修医の方が引き続き後期研修も当院で行っています。基礎から専門まで早い段階から実戦で手技を経験させてもらえるという気風があります。安全に気を配りつつも後輩を育てたいという雰囲気が長い研修制度の変遷の中で脈々と引き継がれています。これら「陶生魂」を継承しつつみなさんに新しい風を吹き込んでいただければと考えます。


<アカデミックサポートが強い>

アカデミックマインドを持った医師育成に力を入れています。初期研修の2年間は、医師としての基盤を築く重要な時期です。当院では救急外来や各診療科で貴重な症例に遭遇した時には学会発表へつなげるように指導しており、研修医のうちからレベルが高い発表力をつけることが可能です。さらにハードルとみなされやすいスライドやポスター作成においては図書室職員が見栄えがよくわかりやすい資料を作ることに力を貸してくれます。このように臨床のトレーニングも十分に出来て、臨床研究や学会発表等のアカデミックサポートが充実している病院であるため、日常臨床で遭遇する疑問点・問題点に対する自己解決能力を身につけることが出来ます。研修医のうちからでも情報発信する経験が積めたり、業績を残せたりすることも他の病院には負けない当院の強みだと考えます。病院の理解、多くの先輩医師やバックアップしてくれる図書室職員らの多くの協力があって、充実した研修制度が支えられています。


<どんな研修医を迎えて行きたいか>

患者さんをしっかり診るだけでなく学会発表や臨床研究もしたいといったモチベーションの高い研修医には当院の土壌が合いやすいのではないかと考えます。これまでもそのようなニーズに応えられる病院にしようと頑張ってきました。将来、地域医療に生きる、大学で研究に励む、一般病院で臨床をとことん診る、研究と臨床の両方をやるなど、社会貢献を実現するキャリアパスは多岐にわたりますが、初期研修の間にどんな医師として生きていくのかじっくりと考える時間を持ってほしいです。手前味噌かもしれませんが、当院にはモチベーションが高く自己研鑽を惜しまず教え好きの医師がたくさん集まってきており、お互いに切磋琢磨し高めあっています。「初期研修は陶生でよかった」と自信をもって言ってくれています。さらに後期研修でどこの病院へ行っても何科へいっても、どんな状況でも通用する医師としての心構え、そしてもっとも重要な基本的臨床能力が十分に身に付きます。皆さんにとって、将来のキャリアパスを決めるにあたってのヒントがたくさんあります。ぜひ一度当院にお越しになり、充実した研修支援とイキイキと活躍する研修医たちを見にいらして下さい。

ホーム
病院概要

研修医の実力をつける!救急外来の当直を紹介します。

救急車の受け入れ台数
公立陶生病院では年間 6,500台の救急車を受け入れており、救急外来において充分なプライマリーケアを経験できます。

※クリックすると画像が拡大します。

  • リアルタイムレポート-1

当直体制
・救急外来での当直は月に4~5回
・時間は17:15~翌8:30
・翌日半日休み(全力で当直に取り組むことが出来ます)
・1年目2名、2年目2名、内科直、外科直の体制

当直明けのショートカンファレンス
当直明けの8:00~8:30には研修医が夜間にあった救急外来の対応について短い時間でプレゼンテーションを行います。自分の意見をまとめ、ロジカルに報告するこのショートカンファレンスは、思考を整理しプライマリーケアの腕を磨くトレーニングとなっています。

救命救急医療教育
近隣の救急車の9割を引き受けている当院では、院内で救命救急医療教育を受けられる体制を整えています。
1.AHA BLSコース
 3~4回/年 院内開催
2. AHA ACLSコース
 1~2回/年 院内開催
3. 日本救急医学会認定ICLSコース
 1回/月 院内開催(研修医一年次に全員受講)
4.JPTECプロバイダーコース
 2回/年(研修医一年次に全員受講)
5. BLS & AED講習会
 適宜開催

当直明けのショートカンファレンス