スタッフ紹介(中堅)

当院で活躍するコネクトナース

森田 里菜

産科ではなく産婦人科のある病院を選んだ理由を教えてください。

母が産婦人科の看護師をしており助産師の仕事に興味を持っていました。私自身小さな赤ちゃんと接する機会がほとんどなかったのですが、母性の実習の時にかわいいなと思う気持ちになったことや「ありがとう」と言ってもらえる機会が多くて、幸せのお手伝いができる仕事に就きたいなと思いました。私は看護専門学校を卒業してすぐに1年間助産学校に通い助産師を取得し、現在は産婦人科で勤務しています。助産師の中には「産科で命が誕生する素敵な瞬間をサポートしたい!」という方もいますが、私は助産師でありそして看護師でもあります。産科の領域だけでなくライフサイクルにおける様々な段階で、女性特有の疾患に対するケアにも関わっていきたいと考えていたため、産婦人科があり総合病院である当院への入職を決めました。
森田 里菜

入職してから今までで自身が成長したと感じるところはどこですか?

森田 里菜
私は看護師3年目ですが、何に困っているかを声に出せるようになり先輩に「こう考えているのですが、どうでしょうか?」と伝えられるようになりました。また以前よりも心にゆとりをもてるようになり「私たち看護師は何を期待されているのか」を考えて行動できるようになったことに成長を感じます。
今の課題は尊敬する先輩たちのように「自分が今やるべきことを瞬時に気づけるアンテナを持つこと」です。緊急の処置の時に先輩たちは瞬間的にやれることを探して身体が動くのですが、私は固まってしまい処置の後に冷静になってから反省することが多くあります。その場で判断して動けるようになるためにはまず知識という根っこの部分が重要だと思うので、現場で活かせるようにもっともっと勉強を頑張りたいです。

仕事を続けていくに際し、悩んだことはありましたか?

ここにたどり着くまで繰り返し壁にぶつかることもあり「私は看護師に向いていなかったのかな…」と悩んだ時期もありました。そんな時に先輩から「仕事は先輩である自分たちがやる方がもちろん早いけれど、森田さんに成長してもらいたいし、出来るようになってくれると期待しているから時間をかけてでも頑張ってもらっているんだよ」と言われたことにより、それからは成長して先輩の期待に応えたいと思うようになりました。さらに仕事が辛いなと思うときは看護師の先輩でもある母に電話します。そうすると「辛いなら辞めりゃいいじゃん!」と言うのですが、そのような言い方をすると私が意地になって頑張ることを知っているので母なりの方法で私にやる気を出すよう導いてくれます。病院の先輩や母など多くの人に支えられていることが実感できたので、悩んだ時期も乗り越えられたのだと思います。
森田 里菜

看護師を目指して頑張っている看護学生さんにメッセージをお願いします。

森田 里菜
私が学生のころに実習で「テキパキ働いてすごい!」と憧れの眼差しを向けていた看護師のように(学生さんから自分が)見られているかもしれない、と思うと背筋がピンとする気持ちになります。看護師は学生の時に見えるところだけじゃなく大変な部分もありますが、真剣に向き合って乗り越えようと必死にもがく経験が自分の力に繋がりますし、力がついてきたと自身の成長を実感できる瞬間というのは何とも良い気分になれるのです。
看護師・助産師は素敵でやりがいのある仕事だと断言できます!目の前に壁が立ちはだかる時がきてもぜひ乗り越えてほしいです。一人で乗り越えるのは辛い時もありますから疲れた時は誰かに頼ってもいいと思います。もし私たちと一緒に働くことができるのなら是非頑張りましょう、全力でサポートします。
柴田真希

看護師を目指した理由、公立陶生病院に入職した理由を教えてください。

小さい頃は体が弱くて何度も入退院を繰り返し、生死の間をさまようような体験をしたこともありました。このような境遇がきっかけで、将来は「人の健康を守る仕事」に就きたいと思い、高校生になった頃から看護師を目指すようになりました。当院を入職先に選んだ理由は、基礎の看護学を1~2週間ほど当院に学びに来たことがあり、その時の先輩方が熱心に指導してくださったことが理由のひとつです。さらに、違う病院で働いている師長クラスの方が近所に住んでいて、その方から当院の良い評判を聞いたことが最大の決め手となりました。
一緒に入職して同じ病棟に配属となった私以外の同期の3人は同じ学校の出身者でした。別の学校から入った私がとけ込めるか不安な思いもありましたが、3人とも優しくて今は支え合う大事な仲間です。師長が「同期でリフレッシュできるように」とシフトを調整してくださり、皆で1泊2日の旅行に行ったこともあります。
柴田真希

看護師として2年働いてきた中で、1年目、2年目にそれぞれ「壁」はありましたか?

柴田真希
1年目の冬頃にあった出来事なのですが、ちょうど気管挿管の研修を受けた頃に患者さんが急変して、つい先日勉強した内容を必死に思い出しながら対処したことがあります。なんとか介助につくことが出来てホッとしましたが、その時は本当に手が震え、仕事に対する責任の重さをいつも以上に感じたことがありました。
2年目の壁は、夜勤を任される時の不安な気持ちでした。当院は固定チームナーシング制を採用しており、夜勤の間「チームの事を1番知っているのは自分だけになるのでしっかりしなくては」とプレッシャーばかりが大きくなっていたことを覚えています。そんな時にいつも相談にのってくださるプリセプターと、同期の存在は大きかったです。仲間と支え合いながら壁を乗り越えられたことは、大きな自信につながっています。

若手看護師の選抜メンバーで病院のレベルアップに取り組んでいる「看護対策プロジェクトチーム」の活動はいかがですか?

若手看護師が中心となり活動しているこのプロジェクトでは、職員の働きやすい環境を整えるために定期的に活動を行っています。このプロジェクトメンバーはドクターが現場の看護師を推薦する方法で人選されており、その中の一人として名前を挙げていただいたことを光栄に思います。プロジェクトの一環で看護学生さんへ情報発信を行うために、それぞれの病棟から工夫を凝らした絵はがきを送付しています。私たち8B病棟からのはがきにはオリジナルタイトルとして「笑笑(ニコニコ)看護レポート」と名付けているのですが、このタイトルは主任が命名してくださいました。病棟の皆で力を合わせてはがきを作り上げることは、スタッフ間の絆をより深めるきっかけにもなっています。
柴田真希

看護師を目指して頑張っている看護学生さんにメッセージをお願いします。

柴田真希
患者さんが元気になって退院されることや、日常的に行っている看護に「気持ちよかったです。ありがとう!」と声を掛けていただけることが本当に嬉しく、とてもやりがいのある仕事をしていると感じます。看護師になって1年目で「自分には向いていないかも」と思い悩んで辞めてしまう方もいると聞きますが、不安という壁を乗り越えたことで得られるやりがいはたくさんあります。入職してから3年目になる私はいよいよプリセプターとして人を教える立場になるのですが、もしかするとこれが次の壁となるかもしれません。しかし仲間たちと一緒に支え合い、また新しいやりがいを感じながら成長していきたいと思います。皆さんにもぜひ私たちと一緒に当院で働き、乗り越えた先に見える世界を感じてほしいと思います。
成瀬和仁

看護師を目指した理由、公立陶生病院に入職した理由を教えてください。

もとは工業系の学校に通い、豊田市に住んでいたこともあり漠然とトヨタ自動車関連会社に就職をするつもりでした。しかし本当にそれが自分のやりたい仕事なのか疑問を持ち、人と話をするのが好きなこともあり看護師を目指しました。
准看護師の頃は精神科で働いていました。精神科は個々の患者さんに合わせた対話をすることで良い影響を与えることが出来とてもやりがいを感じていましたが、様々な知識をつけていかないと精神科を極めていくのは難しいと思ったので、正看護師を取得したのを機に武者修行のつもりで公立陶生病院に入職しました。当初は経験を積んだ上で精神科に戻ろうと考えていたのですが次第に緩和ケアに興味を持つようになり、現在は認定看護師資格の取得のため勉強と仕事に精を出しています。
成瀬和仁

緩和ケアに興味を持ったきっかけを教えてください。

成瀬和仁
これまで経験してきたのは外科、循環器、消化器、血液内科であり、その中でも外科と循環器の影響が大きかったです。循環器は緩和と掛け離れていると思われるかも知れませんが、ガンと違って余命を予測することは難しく終末期医療について考える機会になりました。循環器では最期まで点滴を入れているので腎臓の機能が弱まり排出できずに見た目が痛々しくなってしまう患者さんが多いです。一方がんの患者さんはある程度余命を予測することができるのでその人にとって充実した日々を過ごしていただくことにフォーカスしています。循環器勤務時代に緩和ケアの要素を取り入れて何かできないだろうかと考えるようになり、緩和ケアに関わっているスタッフにいろいろ相談したり一緒に学会へ参加してみたりと交流を深める中でより緩和ケアに興味を持ったことが、今のキャリアパスに進んだきっかけになっています。

看護師を続けるあなたのモチベーションの源になるものを教えてください。

若い頃は「一日の勤務を無事に終えて帰る」という日々だったので私自身初めから明確なキャリアパスを持っていたわけではありませんでした。患者さんからここ(病院)で出会った意味、ここで死ななくてはいけない意味を教えてもらい感化されて、それまでぼやけて見えていた「自分は何がしたいのか」が徐々にはっきりしてきたのだと思います。
死に直面ばかりする仕事をなぜ選んだのですかと聞かれることがあります。異質に聞こえるかもしれませんが、緩和ケアという場所では患者さんからとてもパワーをもらえるのです。死に向かうのは分かっている患者さんから、自分が生きている意味や、その患者さんが人生で大切にしてきたことを聞いたりするとパワーをもらえるように感じます。患者さんにこちらから何かを与えているより与えられることが大きい仕事だと思うのです。その方の人生最期のところで出会っていますが、短い時間に患者さんから教えていただくことは大きいです。
成瀬和仁

将来に向けて目指すゴールを教えてください。

成瀬和仁
自分の死期を受け止めようと努力している患者さんから出てくる言葉に力を与えられます。嘘がつけない場面で発せられる言葉には人間性がにじみ出て、非常に感化されることが多いのだと思います。緩和ケアに携わる医療者には私と同じように感じる方もみえるようで、緩和ケアに関連する学会や勉強会に行くと「人と人の繋がりの大事さ、そして一つ一つの言葉の意味を解釈してその人を支えたい」という内容を講演される講師の方がいるのですが、そういう人達ってかっこいいなと思うのです。難しいのかもしれませんが年齢を重ねた時に「緩和ケアや人と接することって素敵なんですよ!」ということを伝えられる講演者になりたいです。しかしこの道でいいのかなと揺れる気持ちも少なからずあり、揺れるたびに色々なものが見えると自身の弱さを実感する場合もありますが、様々な要素を取り入れて自分をより鍛錬していけたらいいですね。

看護師を目指して頑張っている看護学生さんにメッセージをお願いします。

自分の考えや身体を大事にしてほしいですね。新人のうちは先輩の後について業務を覚えることが精一杯で、患者さんに対し看護師としての役割ができたと思っている人はほとんどいないと思います。気持ちがくすぶったりプレッシャーを感じてしまうこともあるかもしれません。そんなときには学生時代に「こんな看護師になりたい」と思い描いていたその気持ちを大事にしてもらいたいと思います。後輩看護師の話を聞くと心の中では「自分のやりたい看護」を持っている人もいるみたいですが、まだ漠然としていて上手く表現できなかったりするようです。一緒に働く仲間の影響や私が患者さんとの関わりの中でビジョンをはっきりすることが出来たように、慌てることなくやりたい看護を実現していってほしいと思います。
成瀬和仁 せとにやんこ
濱本実也

看護師という職業にギャップを感じたことはありましたか?

人の役に立つ仕事につきたいと思っていたため看護師になろうと決心し看護学校に入学しました。しかし思い描いていた以上に実習は大変で「看護師を目指すことを諦めようかな」と悩んだ時期もあり、今思えば看護学生の頃が最も看護師という職業へのモチベーションが下がった時期でした。学生時代を振り返ると患者さんと接する機会は少く、自分たちが患者さんをケアすることやその価値をなかなか見いだせなかったように感じます。
私は看護師になってからの方が「もっと患者さんのお役にたてるようになる!」という気持ちになれましたし、現場で患者さんや一緒に働く人たちとの関わり合いの中で「看護師でいる事の意味、私がやるべきこと」といった自分なりのビジョンがはっきり見えてきたと思います。看護師としての信念を持つことは教科書で学ぶことでも指導者さんに教えてもらうことでもなく、患者さんと接することで高まって行くものだと思います。
濱本実也

幾つもの資格をお持ちですが、資格を取得しようとしたきっかけを教えてください。

濱本実也
私はICUの前に外科系混合病棟の呼吸器外科チームにいたのですが、一部の医師やスタッフによる「呼吸療法認定士になって質を上げよう」という盛り上がりに便乗し資格を取得しました。その後在宅ケアに関わるようになり知識が足りないと感じたのでケアマネージャーを取得、ICUに移ってからは救急救命士と連携することが多くなり、彼らを理解するためには自分も同じ資格を取得した方が早いかと思い救急救命士を取得しました。ICUに移ってからも、その患者さんにとって可能な限り良いものを提供したいと考えて、看護していましたが「自分の能力や提供している看護に足りないものがあるのではないか、もっといい方法があるのではないか」と感じるようになりました。そんな時に認定看護師の話を聞いたので、周りからのサポートもありチャレンジさせていただくことになったのです。与えられた環境でいつも全力でありたい、頑張らなかったことを後悔したくないというのが私の性分なのでしょう。

認定看護師になってICUや救急でのお仕事に変化はありましたか?

集中ケア認定看護師を取得したのは2004年のことです。
資格を取得した前後ではICUや救急に対する仕事へのイメージは正直変わりませんでした。ただ自分たちが提供している医療が大学病院にも引けを取らない高いレベルにあるという立ち位置を客観的に見つめる事が出来ました。認定看護師の学校では何に価値があるかと言うと「全国から集まってきたモチベーションの高い看護師と交流できること」「他院の施設を体験できること」だと思います。例えば新しいエクモ(体外式膜型人工肺)について、認定看護師同士のネットワークで知り合った海外にいるエクモスペシャリストナースと「最も質の高いエクモ管理は何だろう」と半年くらいメールでディスカッションしていたこともあります。
今後の目標として、公立陶生病院だけが良い医療を提供できるのではなく、意識の高い者同士が情報を交換し合うことでより良い医療を展開できる病院が増えていくようなネットワークを広げていきたいと考えています。
濱本実也

教育者の立場から見て、どんな思考を持った若手看護師はよく成長すると感じていますか?

濱本実也
楽しむことと反省することが出来れば人は伸びると思います。どこに配属されても楽しめることが一番大事です。楽しめない人は伸び悩んでしまいますね。
どこの科も人と関わって看護をしています。突き詰めて○○看護と言ってもそんなに違いはないと思うのです。外科の患者さんも内科の疾患を抱えていますし、内科だって急変したら外科にお願いすることになるので看護は線で引くみたいに簡単に分けられるものではないと思います。もしかしたら配属された先が本人の希望と違う場合もあるのかもしれませんが、清拭、入浴介助、洗髪などの基本的な介助業務を通して患者さんと接する事を楽しめることが大事だと思います。
また、反省できる人は「ステップアップするために何かを変えなければ!」という気持ちをエネルギーに変えることができます。反省→改善→達成のプロセスを踏めると「成長する実感を持つこと」が出来るのでセルフモチベーションが維持でき結果として、成長のスピードが速くなるのではないのではないでしょうか。

看護師を目指して頑張っている看護学生さんにメッセージをお願いします。

ICUは求められるレベルが高いので当院では2年経過しても夜勤に入っていない若手看護師もいます。だからといって心配はいりません。ゆっくりでも確実に「なりたい看護師」に近付いていきますので、成長することに慌てなくて良いと思うのです。私は若いスタッフ達に「自分を追い込まずに楽しんでやりなさい」と指導しています。大事なのは反省して成長しようとする姿勢です。初めは低い目標でもレベルが上がるにつれて目標も日々高くなっていきますので、課題をクリアできたら褒めて伸ばすという方針で若手看護師の成長を見守っています。当院は勉強会も多く行われており、勉強して成長したいと願う方には大変整った環境を提供できます。看護師になっても自主的に勉強会への参加を選択することでレベルアップを図ることが出来ますよ。
縁があり人の命を救うという職業を目指すのならば「看護師資格を持っているからやっている」レベルではなく、自分の可能性にチャレンジし看護を心から楽しんでいただきたいと思います。
濱本実也
須川真規子

公立陶生病院を入職先として選んだ理由を教えてください。

長野県にある看護学校に進学し、そのまま看護学校の母体である病院で3年間勤務した後に当院へ転職してきました。愛知県にも同系列の病院があったためそちらに異動するという手段も検討しましたが、最終的には公立陶生病院を選択しました。決め手となった理由は当時勤務していた病院の医師に勧められたことでした。当時の病院では整形外科病棟で勤務していましたが、名古屋大学出身の医師が多数所属しており、愛知県で就職することを相談したところ「公立陶生病院が良い病院だと聞いているよ」とアドバイスをくれました。

当院に入職してからは消化器内科病棟、脳神経外科・耳鼻咽喉科・皮膚科病棟、整形外科・心臓血管外科病棟、内科外来主任、外来師長、看護管理室長を経て感染制御室に所属しています。

濱本実也

感染管理に興味を持つようになったきっかけを教えてください。

濱本実也

私が内科外来の主任になったことを契機にICTのメンバーになりました。それまで私にとって感染管理は看護業務をしていく上で基本となることというスタンスで取り組んでいましたが、ICTに参加して感染管理の知識を更に身につけていくことで、より興味が深くなっていきました。

看護管理室に異動してからは様々な職種のスタッフに対し感染管理の指導をする立場であったため、院外の研修にも参加して知識を積極的に吸収していましたが「これだけでは病院の感染管理をしていくための知識が足りない」と感じ始めるようになりました。そんな時に近隣の大学がCNSコース(専門看護師教育課程)を創設し、看護局の上司から「この機会を活かしてみては?」という勧めもあり、2009年からの2年間大学院で学びました。現在では「感染症看護専門看護師」として患者さんやスタッフに対して安心安全な医療が出来るよう院内の感染管理を統括しています。

感染管理の専門的な知識を身につけていく魅力を教えてください。

感染管理と聞くと「菌や薬の名前が覚えにくい」など必要以上に難しく考える方が多いのではないかと思います。ですが極論を言えば「5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)」が出来ていれば感染管理はほぼコントロール出来るのです。5Sは看護をする上での基本中の基本なので、決して難しく構えないでください。患者さんのケアに使用する物品をしっかり清潔に保つ、医療者が手指衛生をきちんと行うことで患者さんを感染の脅威から遠ざけることが出来ます。

ICTの活動は医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務職など多職種により行なっていますが、ディスカッションしながら改善策を考えるところが魅力ですね。現場の方たちと相談しながら感染管理の環境をよりバージョンアップさせていくために「現場で取り組むためには何をすべきなのか」を模索し改善していく事はやりがいがあります。また当院ではチーム医療の活動を現場のスタッフが協力的に受け入れてくれる雰囲気もあり、ありがたいと思っています。

濱本実也

これから先どのようなキャリアプランを描いているのか教えてください。

濱本実也

人材育成に力を入れたいと考えています。認定看護師や専門看護師の資格を持った人材をさらに増やし、当院が継続して感染症看護、感染管理のレベルアップをしていける環境を院内から作っていきたいです。

ICTを初め、各チーム医療には下部組織としてリンクナース会があり、各部署から1名ずつの看護師が所属しています。現場における感染管理を活性化させるために、ICTからのトップダウンではなく現場で働くスタッフにも意見を出してもらい意思決定にも関わってもらっています。そういったリンクナース会の中から感染管理に興味を持って取り組んでいる看護師をフォローし、一緒に院外研修へ参加したり、認定看護師・専門看護師といった資格へのチャレンジを勧めたりしています。感染管理の面白さを後輩たちにもっともっと伝えられるように、ますます私自身もレベルアップしていきたいですね。

公立陶生病院のチーム医療のチーム医療がスゴイらしい

私たちの職場を紹介します!!

当院ではたくさんの部署に分かれ看護師が仕事をしています。どこが一番魅力的な部署なのか、それは働いている看護師に聞くのが一番です。各部署のプロジェクトメンバーが「自分が働く部署こそが1番魅力的!」とアピールするハガキを作成しました。
ぜひ「ここで働いてみたい!」と思える部署を見つけてください!


※はがきに記載している日程は過去の日付です。今年度の日程は「採用基本情報」をご覧ください。
※クリックすると画像が拡大します。年度をクリックすると各年度のものもご覧いただけます。

  • リアルタイムレポート2015-6AB
  • リアルタイムレポート2015-在宅医務室
  • リアルタイムレポート2015-7B
  • リアルタイムレポート2015-6E
  • リアルタイムレポート2015-7A
  • リアルタイムレポート2015-8E
  • リアルタイムレポート2015-ER-ICU
  • リアルタイムレポート2015-5A
  • リアルタイムレポート2015-5E
  • リアルタイムレポート2015-3AB
  • リアルタイムレポート2015-4B
  • リアルタイムレポート2015-NICU
  • リアルタイムレポート2015-OPE
  • リアルタイムレポート2015-4A
  • リアルタイムレポート2015-5B
  • リアルタイムレポート2015-3D
  • リアルタイムレポート2015-7E

    ★最新はがき★

  • リアルタイムレポート2015-3AB
  • リアルタイムレポート2015-3D
  • リアルタイムレポート2015-4A
  • リアルタイムレポート2015-4B
  • リアルタイムレポート2015-5A
  • リアルタイムレポート2015-5B
  • リアルタイムレポート2015-6AB
  • リアルタイムレポート2015-6E
  • リアルタイムレポート2015-7A
  • リアルタイムレポート2015-7B
  • リアルタイムレポート2015-8A
  • リアルタイムレポート2015-8E
  • リアルタイムレポート2015-NICU
  • リアルタイムレポート2015-外来
  • リアルタイムレポート2015-ICU
  • リアルタイムレポート2015-OPE
  • リアルタイムレポート-7
  • リアルタイムレポート-1
  • リアルタイムレポート-6
  • リアルタイムレポート-3
  • リアルタイムレポート-17
  • リアルタイムレポート-12
  • リアルタイムレポート-4
  • リアルタイムレポート-15
  • リアルタイムレポート-10
  • リアルタイムレポート-14
  • リアルタイムレポート-8
  • リアルタイムレポート-11
  • リアルタイムレポート-2
  • リアルタイムレポート-16
  • リアルタイムレポート-13
  • リアルタイムレポート-9
  • リアルタイムレポート-7
  • リアルタイムレポート-1
  • リアルタイムレポート-6
  • リアルタイムレポート-3
  • リアルタイムレポート-17
  • リアルタイムレポート-12
  • リアルタイムレポート-4
  • リアルタイムレポート-15
  • リアルタイムレポート-10
  • リアルタイムレポート-14
  • リアルタイムレポート-8
  • リアルタイムレポート-11
  • リアルタイムレポート-2
  • リアルタイムレポート-16
  • リアルタイムレポート-13
  • リアルタイムレポート-9
  • リアルタイムレポート-5

看護師向新聞

看護局作成、院内向け新聞『at.home』を こちらからご覧いただけます。
※新規PDFウィンドウが開きます

◆at.home
 7月(第24号)