スタッフ紹介(新人)

新人看護師へのサポートについて

7A病棟

お二人が初めて会った時の印象はいかがでしたか?

丁寧に看護技術をみてくれて、できているところと今後の課題が明確になりました。そういった技術面だけでなく、体調面にも気遣って貰えました。特に私は同じ大学から陶生病院に就職した友達がいないため、実地指導の水野さんだけでなく、周りの先輩も気遣ってくれたのが嬉しかったです。

実施指導者として心がけていることは?

できるだけ出来ているところや、良いところを伝えるようにして、前向きになれるようにしています。また、今後の課題は鈴木さん自身が気付けるように声かけしています。もう1人の年間パートナーの鈴木君と協力して、部署に慣れるように声かけしています。鈴木君は男性看護師なので、女子トークや食事会に誘ったりするのは私がするようにして、楽しみながら関係づくりをしています。
8A病棟

PNSにおける新人指導について

部署に慣れていないときは、わからないことを誰かに確認しようと思っても聞きづらいものです。でもPNSでペアの先輩が決まっているので、すぐ確認できて安心でした。

(先輩・眞野さんへの質問)先輩としてフォローしていくときに意識したところはどこですか?

看護師としての経験も豊富なので、頼りになります。
指導では、きちんと教えてくれるだけでなく、精神的なことも気にかけてくれて嬉しかった。
実地指導者の井上先輩だけでなく、日々のペアになった先輩もいっしょに振り返りながら、経験を重ねることができました。

(後輩・永岡さんへの質問)次にのステージで成長したいところはどこですか?

責任感をもって、水野くんの成長をサポートするようにしています。私がいっしょに勤務していないときは、周りのスタッフやもう1人の年間パートナーから看護技術の経験や普段の様子を確認して、指導に活かせるようしています。特に水野くんが頑張れるような声かけをするように心がけています。
スタッフ紹介(中堅・認定・専門看護師)

看護師による豆知識講座を行っています!

当院では患者さんに診療待ち時間を有意義に過ごしていただくための取り組みとして「看護師による豆知識講座」が行われています。

これは現場の看護師から「ぜひこのような企画をやってみたい!」という意見があり、運営は看護師によって行われております。

講演内容は「糖尿病の基礎知識」「メタボリック症候群の予防」「物忘れの予防」など医療に関係する知識のほか「応急手当について」「地域の防犯対策」といった警察署や消防署連携して行う講座もあり多彩なところが魅力です。
今後も色々な講座が開かれる予定です。